メニュー 閉じる

【事例紹介】インストールしたはずのアプリが消えてしまった!

先日、弊社ツールをご導入いただいている とあるお客様にて、
発生したトラブルとその解決までの経緯をご紹介します。

【事象】インストールしたはずのアプリが消えてしまった。

【経緯】MDM経由でアプリを自動インストールする手順にて、
作業時にはアプリのインストールが完了していることを確認できていたが、
納品後に エンドユーザ様より「アプリが不足している」とエスカレーションがあり発覚。

作業時のチェックシートを取り急ぎ提出したものの、
紙のチェックシートでは「作業証跡として弱い」として解決せず。

【解決】画像判定ツールSC2000を利用していたため、
アプリが存在することを 端末のスクリーンショットで確認できた。

 

【参考】SC2000説明動画

 

また、端末のIMEIや撮影時刻のログも ツールからアウトプット可能なため、
各種データをエンドユーザ様へ提出し 作業に瑕疵がない事を納得いただいた。

 

上記のように、ネットワーク・MDMを利用する案件では、
設定完了~納品までの間に端末の状態が変わってしまうこともしばしばであり、
その場合、作業責任の回避はとても難しいものです。

その中で、実際の画面のスクリーンショットは 確実な証跡となりますし、
弊社ツールから取得できるログをセットに提出すれば、
無用なトラブルを回避、もしくはいち早く解決することが可能です!

弊社の画像判定ツールSC2000であれば、
ミスの防止はもちろん、作業時のエビデンス保管・提出も簡単に行えます。

キッティングミスやトラブルでお困りの方、
是非この機会に SC2000の利用をご検討ください。

※ 下記のリンクより、詳細な説明をご覧いただけます。
https://pmt-inc.jp/kitting.html#sc20

What do you think of this post?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です